スタッフの対応がカギ

印刷機

料金だけでなくアフターケアも確認

必ずしも安ければよいフライヤー印刷となるとは限らないため、事前に印刷業者を慎重に選ぶことが必要となります。もちろんコストを抑えられることは企業側としてうれしいことですが、フライヤー印刷は量や価格だけではなく、顧客に見てもらうための物です。質もある程度ともなっていなければ、良い印刷ができるとは限らないため、質と料金、両方の視点から選ぶことが望ましいといえます。なお、印刷業者によってアフターケアの良しあしがくっきり分かれるため、口コミで信頼できる業者かどうか、情報を集めて依頼する場所を決めてください。特にアフターケアだけではなく、問い合わせに対して誠実に対応してくれるスタッフが常駐するフライヤー印刷会社であれば、見積もりをもらってすぐ依頼しても問題ないでしょう。何度も待たされることや、問い合わせに即答できかねるような会社の場合には、依頼することを考え直したほうがいいです。スタッフの対応力がそのまま印刷の出来にかかってくることも考えられるため、見積もりをもらって問い合わせを行ってから判断してください。企業によってはフライヤー印刷に詳しい専門の担当者から折り返し連絡させるという対応をとる場合もありますが、どれくらいの時間で折り返すかも判断の基準です。翌日折り返してくるようでは、ビジネスチャンスをつかむ気がないのだろうと判断できるため、避けたほうがいいでしょう。当日連絡してくる担当者のいる会社に依頼することで、満足できるフライヤー印刷が可能となるため、問い合わせの時には時間も確認してください。

Copyright© 2019 フライヤーの配布によって高い広告効果が得られます All Rights Reserved.